最新の投稿
肌がきれいな女性

大人ニキビの原因にはストレスを始め睡眠不足や、間違ったスキンケア・不規則な生活・新陳代謝や皮脂分泌の乱れがあります。特に過剰に肌に皮脂が分泌されたり、新陳代謝が正しく行われないことで、毛穴が角栓によって塞がれてしまいます。塞がれた毛穴の中で皮脂が酸化することで、アクネ菌も増殖するので炎症が悪化し始めます。仕事の忙しさやストレス・悩みがあるなどで、精神的なことから大人ニキビの発生を繰り返してしまうこともあります。人の肌にはバリア機能が備わっていて、表面に当たる角質層やそれを覆っている皮脂膜部分は賛成に保たれます。

これにより表皮部分には免疫細胞があるため、体の中へ入り込むことを防いでいます。ストレスなどがたまり精神的に不安定になっているときは、ニキビができやすいと感じるときは、バリア機能が弱っている証拠になります。ストレスは自律神経へ影響しており、バリア機能を弱める作用があるのでニキビ菌の増殖が可能になっています。またストレスを感じることで、女性であっても男性ホルモンのアンドロゲンが体内で増え始めます。アンドロゲンは皮膚を硬くしながら、皮脂分泌を促進する作用があるので、肌がベタつくなどの症状があります。

そこから毛穴がつまり大人ニキビの発生原因になりますが、自律神経と男性ホルモンの作用によってさらにニキビが増殖し悪化します。逆に大人ニキビが増殖したり治りにくい状態になると、ストレスを感じ始めそれがニキビ発生につながることがあり悪循環です。白ニキビや黒ニキビの状態のうちに治療をすれば治りが早くなりますし、ストレスを軽減することが大切になります。仕事でストレスが溜まっている状態であれば、プライベートな時間を充実させ、仕事のことをあまり考えない時間を多くすることが対処法です。毛穴が詰まることが原因で発生する大人ニキビですが、ニキビ自体は10代の思春期に多くの人が発症します。

尋常性ざ瘡とも呼ばれますが、最近は特に大人にもニキビが発症しやすい環境で、大人ニキビと呼ばれることが多いです。大人ニキビは女性に発症することが多く、思春期にできるニキビとも根本的な原因が違ってきますが、メカニズムは同様と言えます。間違ったケアをすればさらに悪化し、特に女性にとって顔にできるニキビは見た目で気になるので、ストレス要因になってしまうこともあります。ニキビができたらできる限り早めのケアを行い、悪化した場合は病院で治療をしてもらうこともできます。