• ホーム
  • ニキビ治療薬のアダフェリンは多くの方が効果を実感している

ニキビ治療薬のアダフェリンは多くの方が効果を実感している

2020年05月25日
微笑む女性

アダフェリンは白ニキビなどで悩んでいるときに、使うことができるニキビ治療薬です。世界中で使われているニキビ治療薬で、有効成分はアダバレンで、小さな毛穴のつまりや炎症を抑制する効果があります。ニキビの進行を抑える作用や改善する作用も期待できるため、早めの治療に向いています。国内でも大人のニキビ治療で用いられることが多く、安心して使うことができるニキビ治療薬です。毛穴に皮脂や汚れが詰まり、それをアクネ菌が餌として食べ繁殖するので、ニキビができやすくなります。

アダフェリンは毛穴に詰まった皮脂の排出を促進する働きがあり、炎症も抑制する効果が期待できます。これでニキビの進行を抑えるため、白ニキビで悩んでいる人には効果的なニキビ治療薬です。またアダフェリンには角質を薄くする作用があり、肌のターンオーバーが崩れて、角質が暑なっている場合に使います。肌のターンオーバーが正常であれば古い角質は、一定の周期で剥がれ落ち新しいものが出現します。しかし乱れているときは、古い角質が肌の上に残り続け、肌が硬くなり毛穴も詰まりやすい状態になります。

皮脂の排出も難しくなりますが、角質層が薄くなればターンオーバーも正常化され、毛穴のつまりも防げます。肌の再生がはやくなるので、毛穴の中に皮脂が詰まりにくくなり、皮脂の排出も正常に行われやすくなります。皮脂量が正常になるのでアクネ菌が繁殖しにくい環境になるので、さらにニキビができにくい環境ができます。またニキビ治療薬で医薬品でもあるので、肌の乾燥や赤み・違和感や皮向けなどの症状が起こることがあります。

これは10人に1人の割合で起こる症状ですが、皮膚の状態によって改善されているときに起こることです。有効成分のアダバレンが働くと皮膚のバリア機能が低下するので、毛細血管が拡張し赤みなどの症状が出ます。使い始めてからこの症状は1?2週間くらいで出現しますが、1ヶ月程度でその症状が緩和され始めます。

ニキビを治療しているときは、特にスキンケアやメイクをするときは注意が必要です。刺激が少ないスキンケアアイテムを選んだり、皮脂が多いからといっても、適切な保湿ケアを行うことが基本になります。アダフェリンは白ニキビなどの初期症状に効果を素早く発揮するため、悪化しすぎる前に対処することが大切です。悪化して膿が出ているニキビは自己判断でつけることなく、医師の指示に従って治療を行うようにします。