• ホーム
  • ニキビ治療薬のスキノレンクリームの効果は信頼できる?

ニキビ治療薬のスキノレンクリームの効果は信頼できる?

2020年05月27日
肌がきれいなので満足をする女性

ニキビには様々な症状があり治し方も色々ありますが、その一つでスキノレンクリームを使うこともできます。クリームタイプのニキビ治療薬で、クリームを患部へつけることに抵抗がある人も多いですが、患部への密着度が高く早く治します。スキノレンクリームはシミや肝斑を消すときに用いられる医薬品で、それがニキビにも効果があることで知られています。海外のメーカーが製造していますが、ピーリング効果も期待できるので、毛穴の角栓や肌表面の角質も取り除きます。肌のごわつきも改善してくれるので、なめらかな肌になり毛穴の汚れもスムーズに排出されやすくなります。

特に脂性肌の人や生理前などで肌の油分が多い人は、肌の表面へ汚れが付着しやすいですが、取り除いてくれるのでニキビができにくいです。有効成分はアゼライン酸という成分ですが、肌へ負担をかけることなく効果的にピーリングをしていく、特殊な成分になっています。臨床実験で肌のニキビ量が減ることも明らかにされており、肌質までも改善するニキビ治療薬です。さらにシミや色素沈着・肝斑にも効果があるので、すでにあるシミやシミになってしまったニキビ跡にも効果があります。肌が生まれ変わるターンオーバーを促進させたり、メラニンの生成を抑制する効果があり、ニキビ跡の赤みやシミを改善します。

スキノレンクリームは副作用がほとんどない医薬品なので、安心して使うことができます。使い始めにはピリピリとした刺激や、赤みや肌の乾燥を感じることがあるケースも見られます。副作用を改善したい場合は、スキンケアを先に行い肌が保湿された状態でつけることは望ましいです。使用している期間は日光に当たると敏感になるケースがありますが、使い続けることで肌も慣れてきます。刺激が気になるときは保湿効果の高い日焼け止めや、保湿クリームをしっかりとつけることが大切です。

副作用がほとんどないですし、ニキビ治療をしながらシミにも効果があるので、とても人気がある医薬品になります。皮脂の分泌を抑制しますし、皮脂が多くてニキビができやすいときは、分泌量を減らすクリームであるスキノレンクリームを用います。皮脂の分泌を抑制する効果だけではなく、皮脂が多くてニキビができやすい体質の人は、分泌量を減らすことができるクリームです。ニキビができるからといってもノンコメドジェニックの化粧水や、クリームで保湿をしてからつけることが推奨されています。